トップページ

今月の多摩探検隊

第188回 多摩探検隊 (2021年04月配信)

日本で夢見た女性パイロット~朴敬元の生涯~

東京都立川市。この場所には飛行学校があった。パイロットを目指す人の中に、1人の朝鮮人女性がいた。彼女の名は朴敬元。厳しい訓練を乗り越え、パイロットに選ばれる。しかし飛行当日、暴風雨に巻き込まれ行方不明に。現役の韓国人女子大生が、その軌跡をたどった。

見る!

お知らせ・最新情報

多摩探検隊は、現在YouTubeにて配信中です。にっぽん列島探検隊は、イッツコムエリアで放送中です。

最新の番組

[画像]

第188回 「日本で夢見た女性パイロット~朴敬元の生涯~」 (2021年04月配信)

東京都立川市。この場所には飛行学校があった。パイロットを目指す人の中に、1人の朝鮮人女性がいた。彼女の名は朴敬元。厳しい訓練を乗り越え、パイロットに選ばれる。しかし飛行当日、暴風雨に巻き込まれ行方不明に。現役の韓国人女子大生が、その軌跡をたどった。

[画像]

第187回 「秘話〜「知覧」にある米軍慰霊碑〜」 (2021年04月配信)

鹿児島県南九州市知覧町。ここには特攻作戦の最前線基地があった。陸軍特攻戦死者の内、半数が知覧飛行場から出撃し戦死した。そんな特攻の地「知覧」の片隅に米兵を弔う慰霊碑が建っている。なぜ知覧に、敵国兵士を慰霊する碑があるのか。慰霊碑建立の背景にある謎を追った。

[画像]

第186回 「結核と闘ったまち・清瀬」 (2021年03月配信)

結核と闘い続けてきた東京都清瀬市。日本では『亡国病』として恐れられていた。化学療法の登場とともに、結核はやがて治る病気となった。清瀬市は今、結核の歴史を後世に残そうとしている。風化していく記憶をいかに止めるか―「清瀬市と結核」の過去、現在、未来を描いた。

[画像]

第185回 「オンライン真空地帯-2020」 (2020年07月配信)

‬新型コロナウイルスの感染拡大で、大学は封鎖され、私たち大学生はオンライン空間の中に閉じ込められた。その真空のような空間の中で私たちが体験した、苦しみと嘆き、不安、再認識。オンライン空間に閉じ込められた大学生たちの本音を描いた。

[画像]

第184回 「被爆死した米兵を追って」 (2020年07月配信)

2016年5月、当時の米大統領バラク・オバマ氏が広島を訪れた。その際ハグされた森重昭さん。「原爆の絵」を見て、米兵も被爆死したのではないかという思いから、森さんは捕虜として収容された米兵が亡くなったことを突き止めた。広島原爆の犠牲となった米兵の物語を追った。‬

多摩探検隊とは

「多摩探検隊」は、10分間の地域再発見番組です。企画、取材、撮影、編集、パッケージ化のすべてを、中央大学FLPジャーナリズムプログラム・松野良一ゼミの学生が行っています。

≫ もっと詳しく

関連サイト